お知らせ

NEWS

2024.05.08

子供の人身売買を防ぐ方法

 

子供をもつ親であれば、我が子の危険はどうにかしてでも阻止したいですよね?もしも、人身売買の危険が身近なものだとしたら…それはぞっとすることでしょう。今回は、子供の人身売買を防ぐ方法をお伝えします。mSpyスマホ監視カメラアプリなどの役立つ監視ツールについてなど、知っておきたい情報となるのでぜひ頭にいれておきましょう。

 

子どもの人身売買:知っておくべきこと

 

子供の人身売買と聞いて、ピンとこない日本人もいるのではないでしょうか?

 

日本でも起きている

 

日本は大丈夫という安心感は持たないほうが良いです。実際に日本でも報告データがありますし、対策資料も出されています。日本で多いのは、人身取引で、強制的に労働させられたり、性的サービスの強要、性的搾取などです。

 

3人に一人が女の子

 

世界中で起こっている人身売買ですが、その狙われる被害者は、女性や子供が多いとされています。体力的にも弱い人が狙われる現状です。SNSを通じて、子供に接触し、弱みを握り強制的に従わせるなどの事例があります。

 

子どもの安全に4つの対策

 

人身売買の恐ろしさ、身近で起こりうる可能性がわかりました。日頃から意識しておいてほしいことが4つあります。

 

  •      ネット上での見守り
  •  
  •      人身売買の原因を知る
  •  
  •      子供と話し合う
  •  
  •      子供との関係を深める

 

これらのポイントは、どれか一つだけで良いということでなく、できればすべてクリアしておきたいものです。

 

ネット上での見守り

 

子供の安全を守るために四六時中ずっと目を離さないというのは無茶です。だからこそ、ネット上で守る対策が必要です。mSpyのような子供を見守ることができるツールを使うのです。mSpyは、子供の位置情報を観察でき、行動範囲を設定し、範囲外になったら瞬時にお知らせが届く機能も搭載しています。そして、そのような行動を取る前の段階となる「SNS」での動きも把握可能です。危険な人と連絡をとればすぐに対策できます。

 

子どもの人身売買の原因を知る

 

人身売買の原因には、戦争や貧困、教育不足などがあります。さまざまな状況が重なって起こってしまうことで、危険度があがります。この原因を理解することで、危ない時期や場所にアンテナを張っておくことができます。

 

子どもと話し合う

 

人身売買について子供と話し合いましょう。自分に関係のない話という意識では防げるものも防げません。身近な問題であること、関わる人について、誘惑する人について、危険に近づかない、など照らし合わせておきましょう。

 

子どもとの関係を深める

 

不審なことがあったとき、お母さんやお父さん、家族に真っ先に相談できる関係性は、トラブル抑制の効果があります。人身売買する側からしても、狙いにくい環境となります。

 

まとめ

 

子供の人身売買は、他人事ではないということが分かりましたね。我が子との距離を縮めておくこと、SNSで怪しい声がかかっていないかをチェックできるようmSpyのようなツールを備えておくことがおすすめです。